スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)


広告を利用しよう6

6.ページランクの高いページからのリンク

検索エンジン対策の一環として、ページランクの高いホームページ(検索結果で上位表示されているサイト)に対してアプローチをして、有料でリンクを張ってもらうお願いをするのも、有効な売り上げアップ手段といえます。

月々数千円ぐらいからテキスト広告としてリンクを張ってもらえるところもあるので、ページランクをチェックしながら、予算に合わせて効果的なリンクを張ってもらえるようにメールでお願いしてみるのもいいでえしょう。

「ページランク チェック」と検索すれば、ページランクを調べることができるツールを無料で公開しているサイトを見つけることができるので、ぜひ活用しよう。


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

スポンサーサイト


タグ : ドロップシッピング 売り上げアップ 広告

広告を利用しよう5

5.人気ブログでの紹介

人気のブログ執筆者に対して直接交渉して、店舗のバーナーを貼ってもらったり、紹介記事を執筆してもらったりするのも、ドロップシッピングの広告手段の1つとして注目を集めています。

自分の取り扱う商品とテーマが、ブログの記事内容と近いものであれば、メールなどで問い合わせて広告掲載のお願いをして見るのもいいでしょう。

ただし、基本的にはブログというのは広告を載せるものではなく、情報を掲載することを優先とした媒体であって、記事を読む側にとってはブログに広告まがいの情報が載ることを不愉快に思う人が多数いることも事実です。

「ブログ文化」という観点から考えれば広告を掲載することに対して、すべての人が賛同するわけではないことは、広告掲載のアプローチをするうえで念頭に入れておく必要があるでしょう。

また、メールマガジンのような「プッシュ型」の媒体と違って、ブログは読者が読みに行く「プル型」の媒体であるため、販促効果は予想よりも少ないことは認識しておいた方がいいでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

広告を利用しよう4

4.ショッピングモールの広告

もし、ドロップシッピングを使って楽天市場やヤフーショッピング、ビッターズなどのネット上のショッピングモールに出店しているのであれば、積極的に広告を使って販促活動をするのもいいでしょう。

インターネットを利用して商品を購入したい人に確実にアプローチができるし、購入者をメールマガジンの読者として囲い込むこともできるので、ネットショップのページ力と商品力に自信があるのならば、高い確率で広告投資が回収できるドロップシッピング運営になるはずです。

たとえるなら、新聞広告に織り込みチラシを入れて、不特定多数の人にアプローチするよりも、ニッセンやセシールなどの通販好きのお客さんに対して、通販カタログを送りつける方が、商品を購入される確率が高くなるのと同じです。

さらにショッピングモールを回遊しているお客さんは、メールマガジンを積極的に読んで、新商品の情報やお買い得商品の情報を常にチェックしているのも特徴です。

店舗のファンとしても囲い込みやすく、衝動買いもしやすい傾向にあるので、ネットショップ運営を安定したものにしたい人であれば、ドロップシッピングとショッピングモールへの出店をセットで考えてみるのもいいでしょう。

広告も月々数千円のものから用意しているショッピングモールもあるので、上手に使いこなせば、自社サイトを運営するよりも、スピーディに売り上げを伸ばすことが可能です。

ただし、月々の出店費用の固定費がかかる上に、売り上げに対し従量課金制を敷いているショッピングモールも多く、法人の直販ネットショップに比べて、粗利が薄いドロップシッピングでは、資金繰りが厳しくなるのも事実です。

また、ショッピングモールでのネットショップ運営は、常に広告費を投資していかないと儲からない仕組みになっているので、自転車操業に陥りやすいという危険性もはらんでいます

高いビジネスセンスがないと、なかなか成功が難しいのがショッピングモールでのネットショップ運営なので、片手間や趣味程度でドロップシッピングを始めた人はあまり利用しない方がいいかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

広告を利用しよう3

3.懸賞広告

プレゼントなどを提供して応募者のメールアドレスを集めて、その集まったお客さんに対してメールマガジンを配信してアクセス数を稼ぐのも、ドロップシッピング利用者には有効な集客手段といえるでしょう。

懸賞広告サイトによっては無料でプレゼント広告の掲載をしてくれるところもあるので、積極的に活用してみるのもいいと思います。

ただし、最近ではプレゼントに応募するメールアドレスがフリーアドレスになっているケースも多く、プレゼント応募者から購入者へステップアップさせるのが難しくなってきているのが現状である。

「プレゼントに応募する人は、結局、プレゼントに応募するだけで購入見込み者ではない」という傾向になりつつあるのは事実なので、ただメールアドレスを集めることだけに集中するのではなく、そのメールアドレスを購入者へ結びつけることを意識して、効果的な集客手段として活用できるように考えなくては、懸賞広告を使ってドロップシッピングを成功に導くのは難しいといえそうです。

また、独自でメールアドレスを管理しなくてはいけないために、自前でメールマガジンを配信するソフトを使ったり、メールマガジンを配信してくれる会社と契約を結ぶ必要もあります。それなりに顧客管理に手間がかかることは覚悟しておいた方がいいでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

広告を利用しよう2

2.メールマガジン広告

読者数の多いメールマガジンに関しては、広告を募集している媒体もあるので、個人的にメールで問い合わせて広告掲載をお願いしてみるのもいいでしょう。

「まぐまぐ」などでは読者を数万人から数十万人抱えている、法人顔負けのアドレス数を誇るメールマガジンもあるので、広告を掲載してもらえれば十分もとの取れる売り上げを出せるはずである。

ただし、メールマガジンを配信している人のほとんどは、自分の読者をとても大切にしているので、お金を払うといっても、なかなか広告掲載を許可してくれないケースがあることは覚悟しておいた方がいいそうです。

テーマや商材がメールマガジンの内容と一致していて、なおかつ読者に対して不快に思わせない広告でないといけないので、あせらずにじっくりと交渉することが重要です。


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。