スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)


広告を利用しよう1

1.検索連動型広告

検索したキーワードに対して、連動して宣伝キャッチコピーが表示される広告のことです。グーグルはアドワーズ広告、ヤフーはオーバーチュア広告と、それぞれの検索エンジンが検索連動型広告を展開しています。
1クリックあたりで課金されていく上に、入札制の金額決定方法なので、人気キーワードはすぐに値上がりしてしまう傾向にあるが、月々数万円の広告費でも数十万円の売り上げをたたき出す効率のいいキーワードもあるので、現在では法人のネットショップ以外に、アフィリエイターなどの個人事業者も積極的に活用しているこうこくです。
検索ヒット数が多く、なおかつ広告費用が少なくて1クリックあたりの広告料金が低価格の、穴場キーワードを狙うところがポイントです。検索エンジン対策とセットで攻略すれば、絶大な集客効果を発揮します。

ただし、検索ヒット数が多い割には、クリックされるだけで購入まで結びつかないキーワードもあるので注意しましょう。
例えば、「離乳食」というキーワードで検索連動型広告を展開しようとしたとしても、このキーワードを検索しているほとんどの人は、離乳食を購入したいのではなく、レシピを検索している可能性が高いので、なかなか売り上げを伸ばすことができないキーワードとなっています。

ドロップシッピングの場合、法人企業のように資金にゆとりがないケースが多きノで、競争率の高い人気キーワードを狙うのではなく、ニッチで多少需要のあるキーワードを狙った方がいいでしょう。
特に、ニッチなキーワードをたくさん狙う場合は、1つひとつを検索対策していったらきりがないので、検索連動型広告で対応して言ったほうがいいでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

広告・紹介を積極的に利用する

ドロップシッピングの場合、基本的には個人事業主が商売をすることがほとんどになるので、法人のネットショップのように広告費を投資しながら、ハイリスク・ハイリターンの商売を展開するのは、現実的とはいえないでしょう。

しかし、数万円のお小遣い程度の広告費なら、積極的に利用してもいいだろうし、売り上げがある程度見込めるのであれば、広告費を一気に使って、飛躍的に売り上げを伸ばすことに力を入れてもいいでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

検索エンジン対策3

3.日本語ドメインの取得

現在、検索エンジンは日本語ドメインを上位表示させる傾向にあります。

インターネットに少し詳しい方なら知っていると思われますが、通常のドメインは『gucci.com』ようにアルファベット表記になっています。
しかし、日本語ドメインは『 グッチ.com 』のように日本語でドメインを取ることも可能です。

『グッチ通販』を検索キーワードにしたいのならば、『グッチ通販.com』(.com以外に、.net、.org、.infoなどでも構いません)
『ダイエット通販』を検索キーワードにしたいのならば、『ダイエット通販.com』(.com以外に、.net、.org、.infoなどでも構いません)
このようにドメインにキーワードを含むことで、そのキーワードで上位表示されやすくなります


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

検索エンジン対策2

2.ヤフーディレクトリ登録をする

ネットショップを検索エンジンの「ヤフー」にディレクトリ登録することによって、ヤフーの検索結果で格段に上位表示されやすくなります。

インフォシークやgooなどの複数の検索サイトにも登録したほうがもちろんいいですが、まずはヤフーの登録を優先させましょう。

ヤフーでは商用サイトは審査料5万2500円~を支払う必要がありますが、それだけの価値はあります。

ただし、この審査料はあくまで審査してもらうための料金であり登録料ではないのでお気をつけください。

詳しくはヤフービジネスエクスプレスをご覧ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

検索エンジン対策1

1.狙うキーワードを決める

重要なのは以下の2点です
①狙うキーワードをしっかり決める
②サイト名にキーワードを入れる

「狙うキーワードをしっかり決める」というのは、検索されるキーワードは何にするのか決めることです。
まぁこんなことは当然だと思う人がほとんどだと思いますが、これが一番難しいんですよ(゚ー゚;A

例えばブランド商品の「グッチ」を扱うネットショップを作る場合、「グッチ」というキーワードを狙って検索エンジン対策をしても、ライバルの法人ショップが多くて、とても検索エンジンで上位表示させるのは難しくなっています。
人気のある商品は当然のように、強豪のネットショップがひしめき合っていて、それらのショップでは日夜、検索エンジン対策をしており、片手間業務のようなドロップシッピングのショップ運営者が行う検索エンジン対策では、とても対抗できません。

また、商品を決めてから検索エンジン対策をするのも難しくなってきます。
「ダイエット商品を扱うからダイエットで検索エンジン対策をしよう」
「Tシャツを扱う専門店だからTシャツで検索エンジン対策をしよう」
このような発送方法で検索エンジン対策を行っていては、いつまでたっても上位表示は不可能です。

検索エンジン対策をする上で、決められた商品に対して検索エンジン対策を施すのではなく、インターネット上で検索されるキーワードの需要を調べて、ライバルのショップと比べて、上位表示しやすさを考慮して、「上位表示させやすい関連キーワード」を決めてから、初めてそこで検索エンジン対策がはじまります。

さっきの例で言えば「グッチ」では強豪ライバルが多いので、「グッチの時計」とかのように商品を絞ったネットショップにすれば、「時計」というキーワードが付け加えられるだけで、ライバルのネットショップは少なくなり、検索結果で上位表示させやすくなります。

人気のキーワードを狙ったり、商品を選んでから検索エンジン対策をしたりするのではなく、ニッチキーワードでありながら、なおかつ需要のある検索キーワードを見つけるのが検索エンジン対策といってもいいでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ mini_a02.gif
↑応援してくださると励みになります(*´∀`)
≫必見!最新の稼げる情報
≫[壁]д・)ノ続きも読む?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。